• I'm happy every day. Thank you!

中国の思想に「陰陽五行説」というのがあります。
この陰陽五行説は、色とも関わりが深いです。

古代中国では、自然界を「陰」と「陽」に分け、
更に五行「火・水・木・金・土」を加えました。
これらを合わせて、陰陽五行としました。

この五行には、図の通りの色が割り当てられています。
五行の色

五行に割り当てられた色を見て何か気づきませんか?

すべての色を含んで(反射して)いる「白」
すべての色を吸収している「黒」
反射光(印刷物など)の色材三原色である「赤(マゼンダ)・青(シアン)・黄色」

これらの色は、図のように影響しあっています。
黄緑の矢印は「相生」:相手と育ちあう関係という意味・活性化する配色
水色の矢印は「相剋」:相手を滅ぼしあう関係という意味・コントラストのある配色

上の図は、東西南北に合わせた配置なので、一方しか記載できませんが、
五行を円形に並べると、すべての「相生」と「相剋」が美しく配置されます。

そう、驚くべきことに、科学的な根拠が説明できる配色なのです。
この五行説を元にして風水が発達したのもうなづけます。
今の風水はなんだかかアレ・・・いや、言わないでおきます。

五行に割り当てられているのは、色だけではありません。
方角とか、季節とか、聖獣とか、時刻とか・・・
ご興味のある方は、調べてみてくださいね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です