• I'm happy every day. Thank you!

カラーマネージメントとは、直訳すると「色の管理」です。
何故、色を管理しなければいけないのでしょうか。

色の見せ方の違い

上の図を見るとわかりやすいと思うんですが、そもそも
パソコンで扱う色と、印刷物の色は色の見せ方が異なります。

電源を入れていないディスプレイは「黒(暗い)」ですね。
印刷前の紙は「白」ですね。その上に色を乗せるわけです。
スタートからして全然違うし、色の混ぜ方も全然違う状態。

これでは、言葉が通じないのと同じことです。
この間を取り持って、通訳するのがカラーマネージメントです。

面倒なことに紙同士、画面同士でも必ず同じになるとは限りません。
白い紙と黄色い紙だと、同じように印刷しても色が異なりますよね。
照明によっても、太陽光と蛍光灯では色が異なってしまいます。
同じように、液晶ディスプレイ同士でもメーカーで異なります。

色は、イメージを伝える大切な要素です。
こちらの意図した色を、伝えたい相手になるべく正確に届けたい。

最近は、ディスプレイやプリンターでもカラーマネージメント技術が
向上し、あまり私たちが意図して調整しなくても良くなりましたが、
古い周辺機器をご使用の方は、確認してみると良いかもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です