• I'm happy every day. Thank you!

「共感覚」ってご存知ですか?
正直、知らない方の方が多いと思います。

人の「五感」については、お分かりになりますね。
視覚・味覚・嗅覚・聴覚・触覚の5つのことです。

通常、眼から入った刺激は、脳の視覚野という
部位で視覚として知覚されます。
音に関しては、聴覚野という部位が反応します。

ところがどっこい、音を聞いていると、聴覚野は
もちろん、視覚野も反応してしまう人がいます。
この人は、音に色など何かが「見えている」状態です。

このように、五感のうち、別々に反応するはずが、
2つ以上混ざって知覚されてしまう現象を「共感覚」
そんな方を「共感覚者」といいます。

ちなみに、赤ちゃんの脳波を調べると、強い光には
視覚野以外に、聴覚野も反応することが知られています。

成長の過程で、脳の中の情報が整理され、いつの間にか
目からの情報は視覚野、耳からの情報は聴覚野と
反応する部位が局所的になっていくはずなのですが、
それがうまくいかないか、脳の中で影響を強く受けすぎて
多重反応しているのかではないかなどの説があります。
が、実際のところ、まだ解明されてはいません。

いろんな共感覚者の方に聞いたところをまとめてみましたら、
同じ「音に色を感じる」タイプの共感覚者の方でも、
同じ音に同じ色を見ているとは限らないことがわかりました。
「文字に色を感じる」方も、もちろん同様です。

自閉症で、サヴァン症候群で、共感覚者の方の本もあります。

著者のダニエルさんはTEDでもお話されています。
ご興味のある方は、こちらもどうぞ。

http://digitalcast.jp/v/11335/

共感覚者の表現者の方の作品では、スクリャービンの
色光ピアノや、ディズニー映画のファンタジアも有名です。

「黄色い声」や「やわらかい音」など、聴覚で知覚した
ものを、他の五感で表現することはよく見られます。
でも、本当に見えている人がいるなんて、不思議ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です