• I'm happy every day. Thank you!

色の見せ方の違い

色光で色を表現する場合、左のRGBを使います。
RGBは加算混色(加法混色)と呼びます。
混色の関係は上図の通り。

・赤+緑=黄色
・緑+青=シアン
・赤+青=マゼンダ
・赤+緑+青=白

えええ~?って感じますでしょ?
赤と緑を混ぜても黄色になんて、ならない気がします。

ですが、人間の脳の中ではこの感じ方をしています。
光のない状態(黒ベース)をスタートとして
色光を足して(加算して)色を表現します。

反射光で色を表現する場合は、右のCMYKです。
CMYKは減算混色(減法混色)と呼びます。

プリンターのインクを買う場合に目にしますね。
原理的には、CMYの3色を全部混ぜると黒になるはず
なんですが、素材が微妙に色を反射してしまうので、
プリンターでは黒を「キープレート(key plate)」
として加えてCMYKになります。
Blackで「B」では青と混同しちゃいますからね。

混色の結果も

・赤+青=紫
・黄色+青=緑

と、子供の頃から私たちが慣れ親しんだ混色の知識と
同じですので、こちらの方が身近に感じます。

何故「減算混色」と呼ぶかというとですね、まず
真っ暗では、何も見えませんから色もわかりませんね。

光があって、やっと色がわかる訳ですが、光を全部
反射したら「白」になるはずです。白く見えないものは
「白」の中から、表出色以外が「減って」います。
赤に見えるのは、緑と青の色を吸収する「色材」だから
赤だけが反射して、赤く見えるわけです。
「白」から、必要のない光を減らしているわけです。

絵の具を混ぜると、トータルの光量が減ります。
光量を減らしたくないからと、ゴッホなどは
点描で絵を描いてしまいました。すごい執念ですね。

また、植物が緑なのは、緑色を植物が必要としないので、
反射して、赤と青の電磁波だけ取り込むからです。
皮肉なことに、植物に緑光だけ当てていると、枯れます。
赤と青の光を当ててあげないといけないんですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です